のんびりLIFE

人見知りでマイペースな生活を過ごしています。
お仕事が休みの日はアウトドア、家庭菜園、インテリアなど好きな事をして過ごしています。

古い友人

先日ラインが届きました。
私を探し出してメッセージを送ってくれたのは、以前働いていた施設の入所者の方でした。当時は介護福祉士をしていて身体障害者の方々の身の回りのお世話をしていました。身体障害が生まれつきの方、交通事故や労災事故によって半身不随になった方もいらっしゃいます。
この方も元はトラックの運転手をされていました。今はもう80歳くらいでしょうか、文章からして現在もお元気な様子が伺えます。身体障害を負われてから離婚されたので、今は独身です。施設での生活は制限も多いため、大人になっての集団生活は様々なストレスもあるようです。
大きな交通事故で生死をさまよい生還しても、身体障害者となった為に働くことが出来なくなり、支えとなる愛する家族は離れていき、どんなに絶望し辛かったでしょうか。
別の入所者の方はこうも言っていました。「俺は25(事故の歳)で死んでるんだ。」きっと、そう思ってしまうような環境が生じたんだと思います。
施設での経験が、転職へのきっかけになりました。


広島の施設だったので少し遠いのですが、是非子供達と一緒に会いに行きたいです。


栃木の料理屋店長さんのところで一緒に撮った写真を長女が手紙と一緒に送りたいというので、お店のスタッフの方と食べていただけるようにチョコレートと今度店長さんが結婚する彼女さんとお揃いの靴下を贈る事にしました。今度遊びに来ていただけたら、またちゃんとお祝いしたいと思います。

資格取得の為に過ごした貧乏学生時代、本当にお世話になりました。少しずつ恩返ししていきたいと思います。